お腹

お腹

ポッコリと目立つ自分のお腹に悩んでいる人は、常日頃からお腹の筋肉を使うことを意識しましょう。
自分のお腹が気になっていて、その他の部分が比較的スリムなのに下腹部だけポッコリと目立ってしまうなどという女性も多くいるのではないでしょうか。

女性の場合には男性に比べると便秘がちで体の構造が違うため、子宮に圧迫されるので便秘になりやすいと言われています。
そのため、便秘を改善するための就活習慣を身につけるというのも非常に大切ですが、常日頃から腹筋を意識して生活していきましょう。

どんなときでも意識すること

難しいエクササイズをしたり、派手な運動などをしなくてもお腹痩せに効果があるのは、何をする時でもお腹の筋肉に力を入れてへこませておくことになります。
意識的にお腹をへこませようと思うと自然に腹筋に力が入りますが、この状態を可能な限り継続しましょう。
学校で授業を受けている時やお友達と買い物をしているとき、また自宅でリラックスしている時などにもこの方法を取り入れると良いです。

呼吸法をマスターしてお腹をへこませよう

近年ではいくつかの呼吸法などがインターネット上にも掲載されていますが、このような呼吸法をマスターすることによってお腹の肉を引き締めることができます。
やはりこちらに関しても、メインとしては気を使うことが目的ですがインナーマッスルを鍛えなければ、いつまでも正面から見た時のお腹はブヨブヨとした状態が続いてしまいます。
深呼吸をするように沢山の空気を吸い込んだ後、限界ギリギリのところまでゆっくりと息を吐いていくようにしましょう。

そのとき腹筋がプルプルとすることが実感できるはずです。
この実感が非常に大切ですので、しっかり実感しながら1日のうちに20回から30回程度続けてみると良いでしょう。

腹筋をするときには腰をしっかり守ってあげること

お腹に筋肉をつけたり、痩せるためには腹筋が一番だという意見等ありますが、自分で腹筋をするのであれば腰に負担がかからないように気をつけることが大切です。
一言で腹筋といっても完全に上半身を起き上がらせるような必要はなく、仰向けに寝た状態から自分のへそを見るように、上半身だけを少し上げキープすることでも効果があります。

さらにはこれと反対に仰向けに寝た状態から足だけを少々持ち上げ、床につかないようにして10秒から20秒キープするという方法もあります。
こういった方法であれば、体に対しての負担も少なく、腰もしっかり守ってあげることができるのでとても簡単です。
何か器具を使用することやコストをかける必要もなく自宅で椅子でも行える方法となっています。
お腹周りに筋肉がついて血行が促進されることによって、便秘の解消にもつながっていくためナイスバディを目指しながら頑張りましょう。