あなたの体のセルライト

  1. >
  2. >
  3. あなたの体のセルライト

セルライトが固まってしまうとどうなるか

女性にとって、天敵とも言われる脂肪の固まり。
自分の体にこれがついてしまったことに気付くと、女性は多かれ少なかれショックを受けます。
なぜなら、脂肪の固まりは「体にできてほしくないもの」の代表格だからです。
特に、美しいボディラインやスタイルにこだわる人にとって、これは悪影響を及ぼすものでしかありません。

しかし、脂肪の固まりができている人でも、「どうして自分の体に脂肪の固まりができてしまったか」については、良くわからないという人がいます。
また、固まった脂肪に対して「痩せている人はできない」などと、間違った認識を持っている人もおり、まだまだ誤解が多い症状であることもわかります。

ここで、「固まった脂肪とはどんなものなのか」についてお話をしてみましょう。

肌触りがわるくなる

脂肪が固まった状態とは、本来はつるつるしたさわり心地であるはずの肌が、ぼこぼことしてしまう状態のこと。
よく言われるのが「みかんの皮の様になってしまう」ということです。
みかんの皮って、見た目はちょっとボコボコしていますよね。
脂肪が大きくなり、それから固まりができると、肌がこのみかんの皮の様な状態へと変化していきます。
「なんだか肌がぼこぼこしている気がする」「足のラインが綺麗に見えない」などという悩みがある場合、それが原因になってしまっている可能性があります。
固まった脂肪がどんなものか、ここでちょっと見てみましょう。

この動画の中に、脂肪の固まりができると実際にどんな感じになるのかが出てきます。
見ると解りますが、足やお尻にくっきりと線のようなものができ、でこぼこになっているのが解るでしょう。
これが脂肪の固まりです。
見た目ではっきりと「自分の身体にできている」と解ってしまいますので、この状態で水着を着るのはかなり勇気が必要かもしれません。
だから、若い女性を中心に多くの人から「固まった脂肪は嫌われる存在」なのです。

このため、近年は「この憎いやつを撃退するにはどうしたらいいのか」「セルライトを作らない方法」について記述しているサイトが増え、独自の努力で固まった脂肪を撃退しようとする女性が増えました。

また、身体についてきてしまうということは、体が何らかのSOSを発しているということにも。
だからこそ、日ごろから「固まった脂肪を作らない努力」をしていくのは大切なことですし、またできてしまったら、何らかの方法で除去するような方法も必要になるのです。
脂肪の固まりは、できていいことはひとつもありません。
そして、一度できてしまうと取り除くのは非常に大変なので、日ごろから「溜め込まないための努力」をしていきたいものです。