仕組みについて

  1. >
  2. >
  3. 仕組みについて

セルライトができる仕組み

脂肪の固まりを予防するにしても、改善するにしても、まずは「これが出来る仕組み」を知らなくてはいけません。
ここで、仕組みについて学んでみましょう。

脂肪の固まりについて、詳しく記述しているサイトを参考に話をすすめてみます。
セルライト除去対策:セルライトとは

「セルライト」というと解りにくいですが、簡単に言いなおすと「脂肪が固まってしまったもの」です。
つまり、あのボコボコした外見というのは、脂肪が固まってしまっているものだということ。
こう考えると、いかに脂肪の固まりが恐ろしいものかどうかが解るでしょう。
女性が脂肪が大きくなることや固くなることを嫌う理由が、これでわかりそうなものです。

血行が悪くなると脂肪の固まりに

その脂肪の固まりがどうしてできてしまうのかというと、「血行の悪さ」が原因になっているとか。
血行が悪くなると、皮膚の下で体を構成する細胞の働きが悪くなってしまいますので、結果的に新陳代謝機能が落ちてしまいます。
新陳代謝が落ちると、解消されるはずの脂肪がそのまま残ってしまいますから、皮膚の下にある脂肪細胞がどんどん大きくなり、他の脂肪細胞とくっつく様になり、脂肪が固まってしまう原因となってしまうのですね。
また、新陳代謝が落ちることでそのほかの老廃物も流れにくくなり、外に排出させることができなくなってしまいますので、余計に脂肪の固まりができる原因となります。

見えないところで脂肪は大きくなる

この脂肪の怖いところは、「外から確認することができないうちに、肌の下でどんどん大きくなってしまっている」という点。
脂肪の固まりというと、「外から見えるボコボコした肌の状態」を挙げる人がとても多いですよね。
でも、実は「セルライトとは、目に見えないうちから肌の下で肥大しているもの」です。
つまり、見た目で脂肪のカタマリが出来ているのがわかるということは、既に手遅れの場合も。
かなり大きくなってしまっている状態だということです。

脂肪の固まりは、放っておいてなくなるということはありませんので、除去するためには何らかの対策をとらなくてはなりません。

また、これが脂肪の塊だからといって「太っているのみにできるというものでもない」のでこちらも注意。
太っていようが痩せていようができるものなので、「痩せているから脂肪は大きくならないし、固まりがない」というものではありません。
また、女性だけでなく男性にもできてしまうものなので、本当に多くの人が持つものだということがわかります。
統計によると、なんと成人女性の80パーセントに硬くなってしまった脂肪があるという計算になるとか。
この数字を見ても、見えるところに固まった脂肪があるかないかというだけの話で、多くの人に固まった脂肪ができてしまっていることが解ります。
できれば、固まった脂肪が見えない間に、しっかりと除去する対策をしていきたいものです。