食べ物から気をつける

  1. >
  2. >
  3. 食べ物から気をつける

太っている=セルライトが多いではない

セルライトがたくさんあるというと、太っている人をイメージするかもしれません。
しかし、セルライトは痩せていても出てくるものです。
セルライトは脂肪が固まってしまったものですが、なぜ痩せていたとしてもセルライトが出来てしまうのかというと、その原因は「冷え」にあります。

身体の中に冷えている場所があると、身体はその冷えから自分を守るために、脂肪をまとうのです。
そのため、痩せている、太っているに関わらず「冷えている女性」は、セルライトができやすくなります。
女性は男性に比べると筋肉量が少ないため「冷え性」の人が多いのです。
みなさんの中にも、自覚のある方がいるのではないでしょうか。
セルライトは、見た目がよくありません。
よくないというより、正直に言うと醜いので、なくしたいですよね。

セルライトの特徴を知ろう

セルライトは身体が冷えている場所(血行の悪いところ)、肥大化した脂肪が凝り固まり、その脂肪と脂肪の間の体液に老廃物が溜まってしまって、ゼリーのようになります。
そのため、脂肪を燃焼させて、血行をよくし毒素を体外に排出すれば、セルライトはできません。
言葉で言うのは簡単ですが、それが難しいからセルライトができてしまうのですよね。
自分の身体とは、一生付き合っていくのですから、日々気をつけて「セルライトのできにくい身体作り」を目指していくことが必要です。

そのためには、セルライトができやすい食材を極力避けることがオススメです。
毎日意識して、セルライトケアをプラスしていくのはたいへんですが、食事は必ずするものですから、マイナスを作らないようにしていけば、今よりも身体が改善されていくでしょう。

食べものでセルライトをケア

セルライトができる原因は、先ほどお話しした通り「身体の冷え」ですので、日々の食事の中でも身体を冷やすようなものを避けるということが重要になります。
身体を冷やすものといえば、みなさんはどのようなものを思い浮かべますか?
アイスクリームや冷たい飲み物、というような「冷たいもの」も内蔵を冷やすことは間違いないのですが、実際に「冷たい」食べ物でなくても、身体を冷やしてしまうものはたくさんあります。

たとえば、みなさんが大好きな甘い物。
間食やデザートを楽しみにしているという人も多いと思いますが、大量の砂糖と精製された小麦粉、油、乳製品などは、実は身体を冷やす食べ物なのです。

また、ヘルシーで身体に良さそうなイメージのある夏野菜や夏の果物も身体を冷やします。
もちろん、夏に食べるにはいいのですが、今は旬に関係なく夏野菜を通年食べることができますよね。
食べ過ぎている人は、注意したほうが良いでしょう。

さらに、セルライトを増やさないためには、適切な栄養バランスの食事も大切です。
脂肪摂取を控えるとともに、痩せやすくなるようバランスの取れた食事をしましょう。
栄養補助として、サプリメントを使うのも効果的です。
特に栄養豊富なミドリムシに含まれるパラミロンという成分は、脂肪分やコレステロールを吸着する効果があります。
ダイエットにおすすめなので、サプリメントを探してみてもいいでしょう。
ミドリムシサプリ各社情報を徹底調査 | ミドリムシ口コミランキング

身体を冷やすものを減らし、身体を温める食事を心がけると、セルライトの予防になりますので、一度食生活を見直してみると良いでしょう。